山と節約

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめに

  作成日時 : 2007/08/04 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私はアルバイトなので、現時点で年収は二百数十万ほどしかない。

それにしては、ずいぶんといろいろと遠くの山へ出掛けているではないか、と思う方もいるかも知れない。

普通、東京で二百万ほどの年収だと両親と同居でもしていない限りは食いつなぐのが精一杯で、何も工夫しないとそうあちこちほっつき歩くのは難しいかもしれない。

で、どうやって都内で一人暮らしをしている私が山へ行く資金をひねり出しているか、ということを少し書いてみたいと思う。


会社員を辞めて、アルバイトになってからもう十一年になる。

アルバイトになって最初の頃は、食費を倹約してみたり、冷暖房費を削ってみたり、お風呂の水を洗濯やトイレに再利用したりなど、いろいろ試してみたけれど、どれもあまりハードにやり過ぎると、しまいには体調を崩して、病院に行く羽目になったり、アルバイトを休まざるを得なかったりで、結局倹約して貯めた以上のマイナスになってしまい、失敗ばかりだった。

アルバイトで一年以上生計を立ててみたことがない人には想像しにくいことであろうが、結局アルバイトというのは日銭を稼がなければ生きてゆけないので、風邪をひいて休んだり、早退したり遅刻したりというのが一番ダメージが大きい。

結局のところ、健康維持に努め、なおかつストレスをためないようにいつも気を配るのだが、それがストレスとなってまた体調を崩したりもする。よくバイトは気楽でイイよな、好きなだけ休めてさぁ、なんて言われるがとんでもない話なのだ。かつて会社員だった頃は、自分もそう思っていたが、コレばかりはとんでもない勘違いである。実際は会社員の方がよっぽど気が楽だ。十年間会社員をやって十一年アルバイトをやった人間が言うのだから間違いない。

特に正月休みで出勤日数が少ない一月末の手取りやGW後の五月末の手取りは、毎年のことではあるが、こんな金額でどうやって暮らしていこうか、と頭を抱えるような金額になってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめに 山と節約/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる