山と節約

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷蔵庫の中で食材を腐らせない方法

<<   作成日時 : 2007/09/04 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、冷蔵庫の中の食材を使い切るのが、節約の王道であることを述べた。

しかし、冷蔵庫の中に入っているものを覚えきれず、ついつい腐らせてしまったり、買ったのを忘れて同じものをまた買ってしまったりという失敗はよくある。

冷蔵庫の扉をあまり長い時間開けると、電気代がかさむだけでなく、冷蔵庫内の食材の日もちも悪くなる。それに第一、そんなにしょっちゅう冷蔵庫の内部を調べるのは面倒だ。

で、コレを防ぐ方法は…と、ずっと考えていたのだが、スーパーのレシート、これを目につきやすい壁に画鋲で留めておく、という方法。これが案外効果的であることに気がついた。

冷蔵庫の扉に中のものを書いて貼っておくような面倒なことはせず、買い物から帰ってきたら、レシートを捨てずに目立つところに画鋲で留めておくだけ。もちろん、冷蔵庫の中身はほぼ使い切ってから買い物に行く習慣がついていれば、古いレシートは捨ててしまって良い。

食材を冷蔵庫に入れる際、冷蔵庫の中に残っているものを見つけたら、それもメモしておくと完璧だ。

この方法は思いのほか有効で、ついつい買いすぎてしまった場合など、どこがまずかったか、何回か同じレシートを見ると問題点が明らかになって良い反省材料にもなる。

そして冷蔵庫に詰めるときの注意点。それは「奥の方に高価な食材を入れないこと」。普段食べないような高価な果物など買ってきて、それを腐らせた経験がある人は同じ失敗をしていると思う。
 「奥の方に大事にしまっていたら、いつの間にか腐らせていた…」

人間(というか動物)は、大事なもの高価なものを奥の目につきにくいところに置く(隠す)習性がある。これは心理学的に言っても仕方ないことなのかも知れないが、冷蔵庫は奥に入れたら最後、腐らせる運命にあると言っても過言ではない。これは結構頭の良い人でもやってしまう失敗なのだ。

高価な食材ほど手前の方へ… 案外重要な鉄則なのである。

ま、高価な食材なんてあまり買うことはないけれど(笑)、高価な食材を腐らせると精神的なダメージが大きいから。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冷蔵庫の中で食材を腐らせない方法 山と節約/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる