山と節約

アクセスカウンタ

zoom RSS 水道光熱費は、お金にはならないが…

<<   作成日時 : 2007/09/26 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


他の節約サイトは食費の次は、やれ光熱費だ、水道代だ、電話代だという話になる。しかし、水道光熱費は食費のところでも述べたように、節約してもあまり努力が報われない。

トイレの水を節約するのに、タンクにモノを入れるというのが、他の節約サイトを見るとよく紹介されているが、あれはタンクやタンクの水位調節器具を傷めたりするリスクを考えると、リスクの割にはあまり稼げないのでやめておいた方が無難だと思う。

ただ、山ヤ(登山愛好家)なら水を如何に大切に扱うか、そのテクニックは持っていた方がいいことは確かなので、水の使い回しは普段の生活で気をつけておいても損はない。しかし水の節約で浮かすことの出来る金額は本当に知れているので、お金のためならあまりムキになってやらないことだ。

それから冷暖房費、これも身体に無理が来るほどやると、アルバイトはマイナスが増えるだけなので、ほどほどにしておく。やるのなら早めの就寝を心掛けて夜はさっさと寝床についてしまうことだ。健康にもいいし、無駄な光熱費を無理なく節約できる。

ガス代は普段の炊事で鍋やヤカンの火が当たる部分から火がはみ出さないように心掛けるぐらいで、こればかりは節約のしようがないだろう。ただ、暖房は電気でやるよりガスでやった方が断然効率がいい。値段も安く済む。

電気代の節約は待機電力を減らすよりは無駄な電力を減らすことを心掛けるぐらい。電気代が安く表示されている最新製品を買うというのは本末転倒で、電気製品というのは基本的に壊れて修理不能になるまで買い換えるべきではないものだ。あとから出る製品の方が電気の消費率は良くなっても悪くなることはないからだ。

強いて言えば、冷蔵庫。冬の間は庫内温度を調節してやや高めに設定するといい。冷蔵庫だけは一日24時間365日休み無く電気を消費しているので、少し工夫した方がイイかも知れない。

それから、冷蔵庫の置いてある場所、夏場直射日光があたったりしていないだろうか?カーテン一枚でかなり違うので、直射日光は当てないように気をつけよう。冷蔵庫に直接当たらなくても、冷蔵庫のすぐそばの床が直射日光に晒されると、電気代がかさむだけでなく冷蔵庫本体に負担がかかる。

私の場合、自宅が南向きなので、夏場はベランダに熱がこもりやすい。そのため、夏場は水を打ってベランダに熱がこもらないように工夫してみたら、夏場の電気代が結構減った。環境にも良いので、これは試してみる価値があるかも知れない。

いずれにしても、それほどおおきなお金にはならないが、環境のため、という意識でやれば、いいのではないかと思う。やらないよりはいいにきまってるのだし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水道光熱費は、お金にはならないが… 山と節約/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる